伊達政宗の漢詩 醉餘口號(酔余口号)

作者

原文

醉餘口號

四十年前少壮時
功名聊復自私期
老來不識干戈事
只把春風桃李卮

訓読

酔余口号

四十年前 少壮の時
功名 聊か復た自ら私かに期す
老来 識らず 干戈の事
只だ把る 春風桃李の卮

酔った後口ずさんだ詩

四十年前まだ若く血気盛んだったころには
手柄をたてて名をあげてやろうと、多少はみずからひそかに期するところがあったものだ
しかし年をとった今となっては、戦のことなどもうわからなくなった
春風の中で桃や李の花をたのしみながら酒をたのしむだけだ

少壮:年が若くて血気盛んなこと
干戈:戦争
卮:さかずき

餘論

伊達政宗は秀吉にも家康にも常に警戒され続けてきました。何度となく謀反の疑いもかけられ、そのたびに知恵をふりしぼって危機を乗り越えています。秀吉に臣従して以降、江戸幕府の天下が定まった晩年に至るまで、いかにして天下人の警戒を解きつつ国力を高めるかというのが、政宗に課された難題でした。この詩も当然、半分は本音、半分は幕府に向けたアナウンスと見るべきでしょう。言いたいのは後半の「もう野心なんてありません」ということですが、それをより強調するために、前半では「若いころは野心がありました」と正直に告白しています。この前半の正直さによって、後半の言葉の信憑性が高まるという効果が生じています。詩としてうまい、という以上に、政治家として非常に上手な作品だと思います。