伊藤博文 広島 紅葉

題白雲洞(伊藤博文) / 白雲洞に題す

作者 伊藤博文 原文 題白雲洞 金風颯颯夕陽中 閑倚溪樓對晩楓 不是樊川亦吟愛 天妃留我醉殘紅 訓読 白雲洞に題す 金風 颯颯たり 夕陽の中 閑(しず)かに渓楼に倚りて晩楓に対す 是れ樊川も亦た吟愛するにあらずや...

林羅山

武野月(林羅山) / 武野の月

作者 林羅山 原文 武野月 武陵秋色月嬋姸 曠野平原晴快然 輾破靑靑無轍迹 一輪千里草連天 訓読 武野の月 武陵の秋色 月 嬋妍たり 曠野 平原 晴れて快然たり 青青を輾破して轍迹無し 一輪 千里 草 天に連な...

食べ物 新井白石

蕎麥麵(新井白石)  / 蕎麦麺

作者 新井白石 原文 蕎麥麵 落磨玉屑白皚皚 素餠團圓月樣開 蘆倒孤洲吹雪下 蓬飄平野捲雲來 鸞刀揮處遊絲亂 翠釜烹時疊浪堆 萊箙葷葱香滿碗 肯將麻飯訪天台 訓読 蕎麦麺 磨より落つる玉屑 白 皚皚 素...

陸奥宗光

夏夜不寐(陸奥宗光) / 夏夜寐ねず

作者 陸奥宗光 原文 夏夜不寐 滿袖涼風雨後天 半庭樹色露華鮮 閒人乘興未成睡 杜宇啼過落月邊 訓読 夏夜寐(い)ねず 袖に満つる涼風 雨後の天 半庭の樹色 露華 鮮やかなり 間人 興に乗じて未だ睡を成さず 杜...

家族 高杉晋作 恋愛

戯作(高杉晋作)  / 戯れに作る

作者 高杉晋作 原文 戯作 細君將到我閑居 妾女胸間患有餘 從是两花競艷美 主人拱手意何如 訓読 戯れに作る 細君 将に到らんとす 我が閑居 妾女の胸間 患(うれ)ひ余り有り 是れより両花 艶美を競ふ 主人 手...

大塩平八郎

夏日江行卽事(大塩平八郎)  / 夏日江行即事

作者 大塩平八郎 原文 夏日江行卽事 納涼船舸晩來繁 漾蕩下流各醉昏 白蓮碧葦淸涼處 道遠無人上水源 訓読 夏日江行即事 納涼の船舸 晩来 繁(しげ)し 漾蕩として流れを下って各(おのおの)酔昏す 白蓮 碧葦 清涼...

茨城 幕末 木戸孝允

戊午夏到常州銚子浦(木戸孝允) /  戊午の夏、常州銚子浦に到る

作者 木戸孝允(桂小五郎) 原文 戊午夏到常州銚子浦 風沸東瀛萬里雲 米山鄂海自成鄰 我邦今日方多事 誰是誠忠報國人 訓読 戊午の夏、常州銚子浦に到る 風は沸く 東瀛 万里の雲 米山 鄂海 自(おのずか)ら鄰を成す ...

大久保利通 栃木

登二荒山(大久保利通)  / 二荒山に登る

作者 大久保利通 原文 登二荒山 行盡岩嶢幾數仞 人蹤斷處路難分 前山晴去後山雨 千態萬容脚底雲 訓読 二荒山に登る 行き尽くす 岩の嶢(たか)きこと幾数仞なるを 人蹤 断える処 路 分かち難し 前山 晴れ去って ...

夏目漱石 千葉

興津之景淸秀穏雅保田之勝険奇巉峭嘗試作二絶較之 其二(夏目漱石)  / 興津の景は清秀穏雅、保田の勝は険奇巉峭、嘗試(こころ)みに二絶を作りて之を較ぶ 其の二

作者 夏目漱石 原文 興津之景淸秀穏雅保田之勝険奇巉峭嘗試作二絶較之 其二 西方決眥望茫茫 幾丈巨濤拍亂塘 水盡孤帆天際去 長風吹滿太平洋 訓読 興津の景は清秀穏雅、保田の勝は険奇巉峭、嘗試(こころ)みに二絶を作りて之を較ぶ 其の...

夏目漱石 静岡

興津之景淸秀穏雅保田之勝険奇巉峭嘗試作二絶較之 其一(夏目漱石) /  興津の景は清秀穏雅、保田の勝は険奇巉峭、嘗試(こころ)みに二絶を作りて之を較ぶ 其の一

作者 夏目漱石 原文 興津之景淸秀穏雅保田之勝険奇巉峭嘗試作二絶較之 其一 風穏波平七月天 韶光入夏自悠然 出雲帆影白千點 總在水天髣髴邊 訓読 興津の景は清秀穏雅、保田の勝は険奇巉峭、嘗試(こころ)みに二絶を作りて之を較ぶ 其の...

武市半平太 牢獄

初聞蟬(武市半平太)  / 初めて蝉を聞く

作者 武市半平太 原文 初聞蟬 炎威赫赫日流金 獄裏蒸炊又那禁 時羨新蟬尤肆意 窗前緑樹吸風吟 訓読 初めて蝉を聞く 炎威 赫赫として 日々金を流す 獄裏の蒸炊 又た那(なん)ぞ禁(た)へん 時に羨む 新蝉の尤も意...

近藤勇 幕末

有感作(近藤勇)  / 感有りて作る

作者 近藤勇 原文 有感作 只應晦迹寓牆東 喋喋何隨世俗同 果識英雄心上事 不英雄處是英雄 訓読 感有りて作る 只だ応に迹を晦(くら)まして牆東に寓すべし 喋喋として何ぞ世俗に随ひて同じからんや 果たして識る 英雄...

松平春嶽 幕末

同豫州訪容堂僑居(松平春嶽) / 予州と同に容堂の僑居を訪ふ

作者 松平春嶽 原文 同豫州訪容堂僑居 菲才難得濟時方 滿肚憂思故渺茫 一笑逢君共杯杓 他郷今日似家郷 訓読 予州と同(とも)に容堂の僑居を訪(と)ふ 菲才 得難し 済時の方 満肚の憂思 故(ゆえ)に渺茫たり 一笑...

作者

新井白石(あらい はくせき)

明暦3年2月10日(1657年3月24日)~享保10年5月19日(1725年6月29日)。江戸時代中期の政治家、儒学者。通称は与五郎、勘解由(受領名)、実名(名乗り)は君美(きんみ)。白石は号。江戸幕府6代将軍徳川家宣・7代将軍家継に侍講(家庭教師)として仕え、無役の旗...

新井白石 送別

春日送人(新井白石)  / 春日 人を送る

作者 新井白石 原文 春日送人 楊花飄盡水生衣 可忍春歸客亦歸 不似雕梁新燕子 風前猶作一双飛 訓読 春日 人を送る 楊花 飄(お)ち尽くして 水 衣を生じ 忍ぶべけんや 春 帰り 客も亦た帰るを 似ず 雕梁の新燕...

作者

森鷗外(もり おうがい)

1862年2月17日(文久2年1月19日)~1922年(大正11年)7月9日。明治・大正時代の作家、軍医。本名は林太郎。鷗外は号。 文久2年1月(1862年2月)、石見国(島根県)で津和野藩の典医をつとめる森家の嫡男として生まれた。幼少のころから漢学と蘭学を学...

作者

林羅山(はやし らざん)

天正11年(1583年)~明暦3年1月23日(1657年3月7日)。諱は信篤、通称は又三郎、号は羅山。出家した後は道春とも号した。江戸時代初期の儒学者。徳川家康・秀忠・家光・家綱の四代の将軍に仕えて、儒学の一派である朱子学を官学化するとともに、各種の制度や儀礼を定めて、...

作者

山内容堂(やまうち ようどう)

文政10年10月(1827年11月)~明治5年6月(1872年7月)。幕末の土佐藩主、政治家。諱は豊信。容堂は隠居後の号。藩政改革によって土佐藩を雄藩のひとつに押し上げ、薩摩の島津斉彬・越前福井の松平春嶽・伊予宇和島の伊達宗城とともに幕末の四賢侯と称せられる。一方で、時...

伊達政宗

春雨旅懷(伊達政宗) / 春雨旅懐

作者 伊達政宗 原文 春雨旅懷 旅行信馬過人家 往往問來路轉賖 春雨濕衣日將暮 此時開否故郷花 訓読 春雨旅懐 旅行きて馬に信(まか)せて人家を過(よぎ)る 往往 問ひ来たれば 路 転(うた)た賖(はる)かなり 春...

作者

細川幽斎(ほそかわ ゆうさい)

天文3年4月22日(1534年6月3日)~慶長15年8月20日(1610年10月6日)。戦国時代から江戸時代の武将・大名。幼名は万吉、通称は与一郎、諱(実名)は藤孝。はじめ室町幕府第13代将軍足利義輝に仕えたが、永禄8年(1565年)5月、三好三人衆らによって足利義輝が...

新年 福澤諭吉

丁酉元旦(福澤諭吉) / 丁酉元旦

作者 福澤諭吉 原文 丁酉元旦 成家三十七回春 九子九孫獻壽人 歳酒不妨擧杯遲 卻誇老健一番新 訓読 丁酉元旦 家を成して三十七回の春 九子九孫 寿を献ずる人 歳酒 妨げず 杯を挙ぐること遅きを 却って誇る 老健の一番新たなるを 訳 ...