年末 福澤諭吉

己卯除夜(福澤諭吉)

作者 福澤諭吉 原文 己卯除夜 今是昨非嗟己遅 春風秋月等閑移 頭顱四十六齡叟 老卻一年無一詩 訓読 己卯除夜 今是昨非 己の遅なるを嗟(なげ)く 春風 秋月 等閑に移る 頭顱四十六齡の叟 老却して一年に一詩無...

高杉晋作 年末

庚申歳暮(高杉晋作) / 庚申歳暮

作者 高杉晋作 原文 庚申歳暮 疎才自笑此生迂 何日文章泝老蘇 課業未終年又盡 寒燈相對我慙吾 訓読 庚申歳暮 疎才 自ら笑ふ 此の生の迂なるを 何れの日か 文章 老蘇に泝(さかのぼ)らん 課業 未だ終らずして年又た尽く 寒灯 相ひ対して...

家族 福澤諭吉

憶二子航米國在太平洋上(福澤諭吉) / 二子の米国に航して太平洋上に在るを憶ふ

作者 福澤諭吉 原文 憶二子航米國在太平洋上 月色水聲遶夢邊 起看窗外夜凄然 煙波萬里孤舟裡 二子今宵眠不眠 訓読 二子の米国に航して太平洋上に在るを憶ふ 月色 水声 夢辺を遶(めぐ)る 起きて窓外を見れば夜 凄然たり...

高杉晋作

學舍偶成(高杉晋作) / 学舎偶成

作者 高杉晋作 原文 學舍偶成 不爲浮名屈此身 靑天白日見天眞 明倫館裏談経義 畢竟明倫有幾人 訓読 学舎偶成 浮名の為めに此の身を屈せず 青天白日 天真を見る 明倫館裏 経義を談ずるも 畢竟 明倫するは幾人か...

西郷隆盛

偶成(西郷隆盛)

作者 西郷隆盛 原文 偶成 我家松籟洗塵縁 滿耳淸風身欲仙 謬作京華名利客 斯聲不聞已三年 訓読 偶成 我が家の松籟 塵縁を洗ふ 満耳の清風 身は仙ならんと欲す 謬って作(な)る 京華 名利の客 斯の声 聞かざ...

家族 吉田松陰

拜先考墳淚餘作詩(吉田松陰) / 先考の墳を拝して涙余 詩を作る

作者 吉田松陰 原文 拜先考墳淚餘作詩 治久邦家天歩艱 才疎自悼保生難 高墳重祭又何日 好向黄泉苦問安 訓読 先考の墳を拝して涙余 詩を作る 治 久しくして邦家の天歩 艱(なや)み 才 疎くして自ら悼む 生を保つことの...

西郷隆盛

田獵(西郷隆盛) / 田猟

作者 西郷隆盛 原文 田獵 驅兎穿林忘苦辛 平生分食犬能馴 昔時田獵有三義 勿道荒耽第一人 訓読 田猟 兎を駆り 林を穿ち 苦辛を忘る 平生 食を分かちて 犬能く馴る 昔時 田猟に三義有り 道(い)ふなかれ 荒...

勝海舟 幕末

過遠州灘(勝海舟) / 遠州灘を過ぐ

作者 勝海舟 原文 過遠州灘 丹心憂國幾艱難 西走東奔未處安 大海風波何足恐 一年三過遠州灘 訓読 遠州灘を過ぐ 丹心 国を憂へて幾艱難 西走東奔して未だ安きに処らず 大海の風波 何ぞ恐るるに足らん 一年 三た...

家族 西郷隆盛

秋曉(西郷隆盛) / 秋暁

作者 西郷隆盛 原文 秋曉 蟋蟀聲喧草露繁 殘星影淡照頽門 小窗起座呼兒輩 溫習督來繙魯論 訓読 秋暁 蟋蟀 声喧しくして 草露 繁し 残星 影 淡くして 頽門を照らす 小窓 座より起ちて児輩を呼び 温習 督し...

吉田松陰 幕末

蘇道記事(吉田松陰)

作者 吉田松陰 原文 蘇道記事 蘇道梅天不耐涼 山郷風物異他郷 新秧插後麦猶緑 方是家家蚕事忙 訓読 蘇道記事 蘇道の梅天 涼に耐えず 山郷の風物 他郷に異なる 新秧 挿したる後 麦 猶ほ緑にして 方に是れ 家...