食べ物 新井白石

蕎麥麵(新井白石)  / 蕎麦麺

作者 新井白石 原文 蕎麥麵 落磨玉屑白皚皚 素餠團圓月樣開 蘆倒孤洲吹雪下 蓬飄平野捲雲來 鸞刀揮處遊絲亂 翠釜烹時疊浪堆 萊箙葷葱香滿碗 肯將麻飯訪天台 訓読 蕎麦麺 磨より落つる玉屑 白 皚皚 素...

陸奥宗光 牢獄

夏夜不寐(陸奥宗光) / 夏夜寐ねず

作者 陸奥宗光 原文 夏夜不寐 滿袖涼風雨後天 半庭樹色露華鮮 閒人乘興未成睡 杜宇啼過落月邊 訓読 夏夜寐(い)ねず 袖に満つる涼風 雨後の天 半庭の樹色 露華 鮮やかなり 間人 興に乗じて未だ睡を成さず 杜...

家族 高杉晋作 恋愛

戯作(高杉晋作)  / 戯れに作る

作者 高杉晋作 原文 戯作 細君將到我閑居 妾女胸間患有餘 從是两花競艷美 主人拱手意何如 訓読 戯れに作る 細君 将に到らんとす 我が閑居 妾女の胸間 患(うれ)ひ余り有り 是れより両花 艶美を競ふ 主人 手...

夏目漱石

山路觀楓(夏目漱石) / 山路に楓を観る

作者 夏目漱石 原文 山路觀楓 石苔沐雨滑難攀 渡水穿林往又還 處處鹿聲尋不得 白雲紅葉滿千山 訓読 山路に楓を観る 石苔 雨に沐し 滑りて攀じ難し 水を渡り林を穿ち 往きて又た還る 処処の鹿声 尋ね得ず 白雲...

大塩平八郎

夏日江行卽事(大塩平八郎)  / 夏日江行即事

作者 大塩平八郎 原文 夏日江行卽事 納涼船舸晩來繁 漾蕩下流各醉昏 白蓮碧葦淸涼處 道遠無人上水源 訓読 夏日江行即事 納涼の船舸 晩来 繁(しげ)し 漾蕩として流れを下って各(おのおの)酔昏す 白蓮 碧葦 清涼...